BC そしてFC水戸藩 〜水戸ホーリーホックの楽しみ方〜

BLUE CRAZY ----自分たちのまち(ここでは水戸・茨城)や、地元フットボールクラブ(ここでは水戸ホーリーホック)の楽しみ方 サッカー用語など それとサポーター「FC水戸藩」

楽しいぜー



☆『水戸ホーリーホックの観客動員を増やす310コの作戦』 保存活用版!INDEX

用語がわかれば、サッカーはもっとおもしろくなる!
☆BC風サッカー用語解説


C大阪戦をふりかえる

5月17日(日) 

桜大阪 5 - 3 FC水戸葵

遠藤1ゴール。
後ろからのロングボールを高崎が落とし、吉原宏太が右へゴロで流し、23遠藤がミドルどーん。 
高崎2ゴール。 



あの小僧にハットトリックを決められましたよ。 

彼って、PA付近で転ぶじゃないですか。
彼の技術であれば、転ぶような当たりじゃないんですよ。



ということは、



ファウルをもらおうとして倒れているということなんです。
そのあたりでFKになればチャンスですから。



パスやドリブルで突破をしようとするのですが、 DFがちょっと接触すると、
『コッテーン』って。
『ほら審判笛吹いてーー』って。


マンチェスターUにいたころのベッカムとかね、見てる客が気づかない分そういうの上手だったんですけどね。

おととしから去年にかけてか?
小僧のそういうの頻繁に見させられたのは。

DFからの接触にそれらしく転んで審判に笛吹いてもらってFKをゲットするその様は、
誰かとケンカしてて、叱ってほしいからわざと泣いて大人にチクって相手が叱られてるのを横目で見ながら泣きつつ実は心の中でアッカンベしてるようなクソガキを想像しちゃうんですよ妄想ですよねそうですよね失礼しました。


でもね、めっきりそんな転びは見せなくなってました。
今はほんっとたまにするイメージです。
心入れ替えたのかな。
精神的に成長したのかな。
審判が笛吹かなくなったからかな。
いや、吹くひとは吹く。

そういう狡猾さもよいですが、1対1とかマジ勝負した時にもかなりの確率で勝てるような、真の日本代表に成長してほしいものですね。
陰ながら応援してます。

笠松のペナルティエリア付近で、コロコロ転ばないでくださいね、香川選手。 

さて、元クソガキの話はそのくらいにしておいて、試合をふりかえります。


水戸がせっかくボールを取っても、攻撃の一歩の縦パスがテキトーすぎて、ことごとく大阪の選手がカット。
ダダーっと攻められ、やっとこさボールを取って、前にボールを出してもやっぱりフツーに大阪の選手がカット。

の繰り返し。

水戸がドリブルやパスで中央をかきまぜられて、
中央を固める(「中に絞る」といいます)
→サイドが空く
→大阪サイドに展開
→また中央を攻められる 
以下繰り返し。
 
あれだけ中央からサイドに揺さぶられてはたまりません。 
同じ所狙われるなら対処しやすいのですが。
まあ、なんだ、ボクシングでいえばボデーと顔をコンビネーションよく交互に打たれるようなものだと思います。  

まあ、なんですか攻撃の理想形ですかね。

水戸だってできると思うのですが・・・。 

結果、疲れて守備にほころびができて、後半にいたってはスタミナ切れをおこします。  





終了の笛の時、高崎は悔しさをジェスチャーにして表しました。

意地の2点目。

この1点は次につながる。

3点差で終了間際となればもう点を取りにいくテンションも低いところですが、点を取りにいった姿勢には心を動かされました。
それに、得失点差を考え、少しでも多く得点することは大切ですしね。
そんなことより、負けていて悔しい気持ちが高崎選手の体を動かしたのでしょう。 



日本代表監督が観に来てたのですが、

やりましたね、11高崎選手。 

結果的にいいアピールになりましたよ。

空中戦が強くて、しかもそこからコントロールできて、足もとも器用で、気持ちも強い。 

これで審判に異議をしなくなったら   









高崎は将来の日本代表ですよ。

大阪戦どこで観ます?

日曜のC大阪戦はkellsで流します。

現地行けない人はどうぞとのことです。
 

16:00開始に合わせてオープンするはずです。
マスターが忘れていなければ。。

ただし、この日は18:30より貸切りになっているのでご承知おきくださいとのことです。

水戸市役所正門を背中にして、10m先に行った左側。
今の所アウェイのナイターと薄暮開始の時放送。
お店のイベントや貸切の時は放送しません。


 

ちびっ子広場

所属しているボランティア団体(?)主催のイベント告知のため、水曜日、NHK地デジにちょこっと出させていただいたのですが、水戸ホーリホックのことも何気に露出しようとしてちょっと考えてたんです。 

案1.GKユニ(黒)を着て、なにげなくPR
→スーツ着用と言われボツ 

案2.小旗を頭に差して(タケコプター風)沼田社長のマネ
→軽く「何じゃあいつは?!」と思われるのでボツ 

案3.横でりゅうえいくんに旗を持って跳ねながらチャントを歌ってもらう。
→イベント告知という本来の意図が達成できなくなる可能性があるのでボツ

結果、こうなりました。

とれたてワイドいばらき
手作りボードを作ってイベント告知に何気なくからんでる状態



2分10秒の持ち時間。




本番15分前に手作った(;^ー^)
3秒間アップ。



・・・任務(どんな?)は成功。



そのイベント、実は水戸ホーリホックのブースもあるんですよ。




ところでですね、当日スタジオに着いてから気づき、びっくりしたことがありました。


出演者4人誰もが知らなかったこと。

それは・・・





生放送でした・・・。

湘南戦をふりかえる

1-5で負け。

2失点目と3失点目が効いた。



アジエルをあんなにことごとくフリーで動かさせ。

失点後の水戸が前がかりになったところ、カウンターでことごとく度重なるアジエルのドリブル&パス。
カウンターやられる度に4和裕が頑張って戻る(戻らされてる)のを見て、ボクは悲しくなって悔しくなりました。
相手の戦術どおりに、ゲームが展開するのを見て。



あんなにやられて悔しくないのかですか? 

なんでアジエルの回りがポッカリ空間があいてるのですか?
彼はそんなにマーク外すのがうまいのですか?

っていうか、マークしてなかったでしょう?

そうはさせるか!っていう気持ちが伝わってきませんでした。

粘着マークしたっていいじゃないですかー。
水戸を去った人で言えば、今Fマリノスのマムシの小椋や、水戸のスポンサーをしていない茨城新聞がスポンサーしているチーム、ン千万円で強奪されたパクチュホとかだったら、少なくとも気持ちでは負けないと思うんだよです。
かえって相手を怒らせるくらいにさー。

ボクは、彼たちみたいに強い気持ちが感じとれるプレーを水戸の選手達にしてもらいたいのです。

アジエルにやられるならしゃーないとか思ってんじゃねえのかないでしょうね?

小椋なんて当時の川崎のジュニニョ(だっけ?)を徹底マークして、あんなことやこんなこと言ったりしたら、終了後ロッカールームに呼び出されて殴られそうになったんだかんな。

そんな(どんな?)強い気持ちを持ってアジエルをつぶしにいった奴は昨日いたのかよいたのですか?!



ケアがなさすぎです。

セットプレー以外でもゾーンディフェンスかよですか?!


じゃ、アジエルがランニングやドリブルで入ってきたエリアにはゾーンで対応してたのでしょうか?



第1クールの対戦内容だけを見れば、
湘南は完全に昇格。
J1では通用するかびみょーな戦術はJ2では完全に通用しています(今のところ)。

次は昇格候補ナンバー1のC大阪。

反省はいらないから検証と分析をしっかりしろっていうんだよですよ。  




おまけ 
ジャーンもいじわるね・・・
ジャーンがヒソヒソ話しに参加

マンツーマンディフェンス←→ゾーンディフェンス

【マンツーマンディフェンス】
マン・ツー・マン(man-to-man)ディフェンス。
マンマーク。
ある人にくっついて守備をすること。
セットプレーの時によく見られる。
それと、流れの中では、キーとなる選手について回るように守備をするのが主。


メリット:マークすると決めた相手と、ボールに集中し、ついていけばよいので簡単そうであるが、

デメリット:体力の消耗は半端ない。


守   守   守 守
攻   攻   攻 攻
      守
      攻





ゾーンディフェンス】 
人に付かず、場所で守備をすること。
守備陣個人ごとに担当する場所を決め、対処する。

自分の守備場所に入って来たボールや相手攻撃陣に対処し、自分の場所から離れて行く時に他の選手が守備を引き継ぐ。
これを「マークの受け渡し」というが、ゾーンディフェンスと考えてもよい。


メリット:ちゃんとできれば、スペース全体をケアできる。

デメリット:ボールとボールを持った選手とその周囲の相手選手の動きにも気を配らなければならないので、マンマークよりは難しいのでは。
ズレが生じるとザルまたはボールを見てるだけ状態になってしまう。


 守    守    守
   守    守

↑攻   攻   攻 攻

      攻





用語がわかれば、サッカーはもっとおもしろくなる!

湘南戦プレビュー

さて、明日は

14日間で5試合のアホな過酷日程 の5試合目。


この連戦中の戦績は、
2勝1分け1敗

上出来です。
よね?


そして!
今度の相手、湘南は現在1位。

得点は水戸と同じくらいで、失点は水戸の半分。

失点しないチームってことですか・・・。

でも今の水戸の順位を誰が予想していたでしょうか。
首位を相手にどんな試合を見せてくれるのか。

トットゥ
トゥット?

昨シーズンは彼にやられております。

アジエル。
彼にもやられております。

田村選手。
所々で効いております。
水戸のチャンスを、いいところで彼につぶされています。

んでですね、ジャーン

※ジャーンは選手の名前。


正直甲府よりコワイです。

でも彼たちは一応連戦。



水戸は数人リフレッシュしたメンバーが帰ってくるでしょう。

2小澤しゃん、32キャプテン、高崎

体調不良の13吉原宏太がどれだけ復調しているか。 



本音言うと引き分けでもいいんです。 




(`・ω・´)

いやいやいやいやいや・・・・・・ 

勝ちにいってほしいですよ!そりゃ。
点を取れなきゃ勝てないってことで。 

しかけてほしいです。

まだ続きます!以前の日付に移動«     | HOME |     »新しい日付に移動








MITO till we die.



Twitterボタン
Twitterブログパーツ
ぜひフォローしてみてください!


カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


カテゴリー


最近のエントリー


最近のコメント


検索フォーム

ブログ内検索 「星野」とか「竜化の滝」とか

プロフィール

EIJI

Author:EIJI


-BLUE COMET-
水戸のユニフォームサプライヤー『mitre』(みとれ・イングランドの老舗ボールメーカー)のマーク『Comet』(彗星ね)から。BEAT CRAZYの略じゃないですからね。

FC水戸ホーリーホックに興味を持って、スタジアムに通うきっかけになるブログ。

テーマ別に見たい時は、カテゴリ(Categories)別に見るといいかも。

その中の用語解説も参考にしてください。
言葉がわかって地元サッカークラブを観ると、もっとおもしろくなります。
サッカーがおもしろくなる一助になれれば。

ホーリーホックは『葵(あおい)』という意味。

--Profile--
水戸生まれ育ち
18-32歳まで東京で過ごす
東京にいた頃、水戸にJのチームがあるのを知る。
水戸に越した翌々年、水戸にJのチームがあるのを思い出し、スタジアムに通うようになる。



--ランキング--
にほんブログ村 サッカーブログ 水戸ホーリーホックへ

にほんブログ村 サッカーブログへ


月別アーカイブ


リンク


FMぱるるんに出ます

FMぱるるん 76.2MHz
「THE BOSS」
に出ました。
ラジオをつけて選局するだけです!した
聴いてくださいな。れましたか?
ラジオがない方や水戸から離れている方は、同じ時間にネットでも聴けました。
サイマルラジオ

ボクが勤める会社のほうのブログでまだ聴けます

ぜひ、ヘッドホン(か大音量)でどうぞ
ヽ(゚ー^)





ジオターゲティング

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約