BC そしてFC水戸藩 〜水戸ホーリーホックの楽しみ方〜

BLUE CRAZY ----自分たちのまち(ここでは水戸・茨城)や、地元フットボールクラブ(ここでは水戸ホーリーホック)の楽しみ方 サッカー用語など それとサポーター「FC水戸藩」

楽しいぜー



☆『水戸ホーリーホックの観客動員を増やす310コの作戦』 保存活用版!INDEX

用語がわかれば、サッカーはもっとおもしろくなる!
☆BC風サッカー用語解説


得しませんでしたか

〜とくしませんをふりかえる〜 

〜とくしませんプレビュー〜

誰が決めてもいいと書きましたが、結局先制したのは徳島の挽地選手で3年ぶりゴール。
あなたには言ってない。

☆この日は行けなかったので、ビデオで観ることに 。
現地で観れなかったのです。
2ちゃんとかいうところの掲示板は見たんですよ。
文を読む限り、このやられっぷりって、過去の2試合と同じような展開なので、だいたい想像できるじゃないですか。

で、その後ビデオ観てみましたよ。
負けるとわかっていながら、まあ35%えむですし。 

しかし、そこには

☆明らかに前節とは違う意気込みと動き
前節より比べようもなくいい動きじゃないか?!
というのが、第一印象でした。
必死に、この苦境から脱出しようとしている選手たちの姿がそこにありましたよ。 

前節(やその前)でのわけわかんないDFラインでのパス回しやバックパスが激減し、ゴールをとりに行ってる姿勢がありました。

8菊岡丸3毛者くんも積極的なあがりを見せてたし。


☆運もなかった?
前半、23遠藤のミドルシュートがポスト叩きましたが、あれって、ハット決めた福岡戦だったら、入ってるシュートですよ。

60分の9荒田からのPA(ペナルティエリア)内折返しで、8菊岡丸がPA内フリーのシュートだって、いつもの水戸だったら、フツーに入ってるシュートですよ。

運もなかったのはわかります。 

肝心なところでのクロスミスとかで、いまいち流れをものにできなかったのも事実。
相手PAに人が入っていたのに。

☆自陣内でやるべきこと
1失点目。
後半入って中盤にさしかかるところで疲れを感じ、頭も少しぼーっとしてたんでしょう。
最近お決まりの失点タイムです。
でも自陣内でやってはならないクリアミスでしょうね。


竜化の滝に行ってもらうか審議中です。。


戦場に例えたくないですが、一瞬の気のゆるみって命取りだと思うんですよ。


☆だからDFやGKにバックパスしないで!
バックパスは1試合1回までって言ったじゃないですかーーー・・・・・。 
2失点目。
19モリムーが4和裕からの縦パスをトラップミスするわけですが、そこから徳島柿谷がに動きながら、右前へスルーパス。
受けたファビオがGKと1対1。 

まだ、ビデオを消去してない人は、19モリムーがトラップミスをする10秒くらい前から見てみてください。
流れがあります。
先制されて、焦りと緊張と硬さを感じていたのでしょうか。
水戸の選手全体の雰囲気として?
少なくとも19モリムーは・・・・・。

19モリムー!そこでバックパスするな!
左サイドあがって構えてた2小澤しゃんに前パスだー。
と、オヤジのヤジのようなことを思いました。
 
結局バックパスを受けた4和裕が縦パス。

1.19モリムーCB和裕へバックパス
2.受けた4和裕が左右でなく、まっすぐの縦パスを選択
3.真後ろからの縦パスを受けようとした19モリムーが、トラップミス  

この一連の動きは、先制されて萎縮したために、ちょっと消極的になった結果、当然の流れとして起きたことだと思うのですが・・・・・。
つまり、19モリムーがあそこで和裕さんにバックパスをするような流れになってしまっていたということではなかろうかと・・・・・。

先制されて気持ちと体が萎縮、動きが硬くなり、周りを見渡せなくなり、内側を向いて、前に出せないので、CBへバックパス。
内側を向いた瞬間に、左にいた小澤しゃんへのパスという選択はなくなりました。 


竜化の滝に打たれてみてもよいかと審議中です。


竜に化けて戻ってくるのだ!





これからシーズン終了までの結果で、今シーズンのFC水戸ホーリーホックの真価が問われると思うのです。 



チームの成績もフロントの集客動員数も。

あれからもずーっと勝ち続けてたとしても、多分動員は変わらなかったよなーとか考えたりします。 
でも、ちょっと前までの水戸の奮闘ぶりは確実に応援の広がりをみせていました。
ボクの周囲でも普段口にしない人たちが、ホーリーホックを口にするようになりました。

選手はもちろん、(株)FC水戸のフロントも、サポーターもこれからが大事です。



そういうわけで、こけら落としの11/8(日)はバックスタンド席を10枚買いましょう。 

大丈夫、行く人います。
いると思います。

おそらくたぶん。。

きっと。


こけら落としでホームジャックされんなっつうの。




ケーズデンキスタジアム水戸 水戸ホーリーホックホームゲーム情報 チケット詳細はこちらから!










にほんブログ村 サッカーブログ 水戸ホーリーホックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


画像の文字を半角数字で下記ボックスに記入ください。
文字が読みにくい場合はブラウザの更新をすると新しい文字列が表示されます。


    | HOME |    








MITO till we die.



Twitterボタン
Twitterブログパーツ
ぜひフォローしてみてください!


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


カテゴリー


最近のエントリー


最近のコメント


検索フォーム

ブログ内検索 「星野」とか「竜化の滝」とか

プロフィール

EIJI

Author:EIJI


-BLUE COMET-
水戸のユニフォームサプライヤー『mitre』(みとれ・イングランドの老舗ボールメーカー)のマーク『Comet』(彗星ね)から。BEAT CRAZYの略じゃないですからね。

FC水戸ホーリーホックに興味を持って、スタジアムに通うきっかけになるブログ。

テーマ別に見たい時は、カテゴリ(Categories)別に見るといいかも。

その中の用語解説も参考にしてください。
言葉がわかって地元サッカークラブを観ると、もっとおもしろくなります。
サッカーがおもしろくなる一助になれれば。

ホーリーホックは『葵(あおい)』という意味。

--Profile--
水戸生まれ育ち
18-32歳まで東京で過ごす
東京にいた頃、水戸にJのチームがあるのを知る。
水戸に越した翌々年、水戸にJのチームがあるのを思い出し、スタジアムに通うようになる。



--ランキング--
にほんブログ村 サッカーブログ 水戸ホーリーホックへ

にほんブログ村 サッカーブログへ


月別アーカイブ


リンク


FMぱるるんに出ます

FMぱるるん 76.2MHz
「THE BOSS」
に出ました。
ラジオをつけて選局するだけです!した
聴いてくださいな。れましたか?
ラジオがない方や水戸から離れている方は、同じ時間にネットでも聴けました。
サイマルラジオ

ボクが勤める会社のほうのブログでまだ聴けます

ぜひ、ヘッドホン(か大音量)でどうぞ
ヽ(゚ー^)





ジオターゲティング

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約