BC そしてFC水戸藩 〜水戸ホーリーホックの楽しみ方〜

BLUE CRAZY ----自分たちのまち(ここでは水戸・茨城)や、地元フットボールクラブ(ここでは水戸ホーリーホック)の楽しみ方 サッカー用語など それとサポーター「FC水戸藩」

楽しいぜー



☆『水戸ホーリーホックの観客動員を増やす310コの作戦』 保存活用版!INDEX

用語がわかれば、サッカーはもっとおもしろくなる!
☆BC風サッカー用語解説


今季ラスト笠松

〜熊本戦プレビュー〜

めでたく水戸のスポンサーになられた茨城新聞社様の茨城新聞によりますと、先発メンバーの大幅入れ替えを木山監督が示唆したそうで、どうやら18鶴野選手がその起用を期待されているとのこと。

18鶴野選手といえば、

札幌ユース出身なんですが、今年の笠松札幌戦で、遠くで家族がTVを観てる中、メンバー交代でもう少しでJデビューしそうだったのですが、交代の合図を出していたにもかかわらず惜しくもタイムアップで試合終了となり、

それと同時に解説の都並さんが、家族の心中を察してとても悔しがりそして励ましていたのを覚えています。 

星野選手とか迷子になったきりの加藤選手はどうなのかしら・・・・・。

明日のメンバー発表が楽しみですね。


はい、それではプレビュー。


大将が出るなら彼の前にスペースを作るんだ!
東京ベルデーがやってたような、左から右へのサイドチェンジだ!

そして、みんなペナルティエリアになだれこむんだ! 

大将!精度のあるクロス頼むぞ!

荒田だけじゃだめだぞ!

わかってますね!

遠藤選手!


菊岡丸!
吉原宏太!
堀ケン!
加藤選手(?!)

なだれこめ!

チャレンジするのだ!

何度でもトライするのだ!!


もっともっとサッカーにのめりこめ!! ←?

水戸にのめりこんでるボクたちと一緒に戦うぞ!

明日は今季ラストの笠松劇場!もちろん観客は・・・、

1,000人台で36チーム中最低でしょうorz・・・3桁なりませんように。

とにかーーーーーく、明日もボクたちのできることをやるまでですよ!!


ケーズデンキスタジアム水戸 水戸ホーリーホックホームゲーム情報 チケット詳細はこちらから!





にほんブログ村 サッカーブログ 水戸ホーリーホックへ
にほんブログ村

なにかきっかけを

〜東京ベルデー戦は『蒼い風に吹かれて』でふりかえる〜




あんなに夢中にサッカーやってた少年の頃を思い出せー 

連勝して楽しくやってた頃を思い出せー 




さて、対横浜FC戦「横浜がおいつくまでロスタイムだよ戦」からすっかり調子を落としてしまっているわがFC水戸葵。

リーグ戦7連敗ですかそうですか、2006年にもやりましたよね。

そう、以前(2006年の夏頃まで)の水戸は、先制されても自陣にひきこもってカウンターのみで点を狙うという、弱いチームが唯一とれる戦術でやってきました。
カテナチオになぞらえて、「水戸ナチオ」って言われたやつですよ。



すごいですよ、点取られても、攻めにいかないで自陣に陣取るワケですから。



しかし、その06年のある時期を境に前田前監督は方針の転換を公表します。

ひきこもりから、積極的に攻めるサッカーへの転換。
リアクションサッカー
から、アクションサッカーへの転換。
ポゼッションサッカーへの転換。

負けが続くかもしれないけど、水戸は成長しなければならない。



そして7連敗しました。

フットボール定食 水戸

翌年もぶれずにその方針でやりました。

うすーーーい選手層とわずかな予算で。
負けがこみましたよ。

でもね現マリノス小椋現FC東京の平松などの選手が水戸で育ち、その移籍金で選手を集め、昨年の木山丸は船出をすることができたのです。

そして今年の開幕時はわずかながら、残したい選手をなんとか数人残すことができました。

あの7連敗はぶれなかった分、まだ納得できた部分がありました。
今思うとですよ。
当時は大変でしたけどね。。
まあ、あの頃があるから、今がある訳で。。 


今年、やっぱり低予算の水戸は、他チームのように夏の補強はできず。
こういう貧乏は敵ですからね。
スポンサーと集客。


話がそれかけましたが、東京ベルデー戦のふりかえりは、
youさんのブログ『蒼い風に吹かれて』の、例)部分あたりをご参考に。←無断リンク



東京ヴはコンパクトを意識してたらしいです。
でもそれは横から観ないとわからないので、ゴール裏からではわかりません。
スカパは横からの映像ですが幅がないので、なかなかそのへんも確認するのに一苦労です。
現地で横から観るのが一番面白いんでしょうね。

ゴール裏で見るサッカーって正直つまんないです。







というセリフはね、負けたから出る言葉だと思います。
多分。
ゴール裏だったので、入れられるシーンを目の前で見て、
ゴール裏だったけど、得点シーンは見られず。 

現地でこれはツライですね。

まあ、こんな時があるから、勝った時のあのアドレナリンは何にも代え難いものがある思います。




ここんとこ無失点。
とにかくもうあさっては笠松劇場で試合、誰でもいいから得点をすること
これが何かのきっかけになるはずです。


昨日の試合のビデオやっぱ観ちゃうんだろうなー・・・・・。
そんなにMじゃないし、だからむしろry





ケーズデンキスタジアム水戸 水戸ホーリーホックホームゲーム情報 チケット詳細はこちらから!





にほんブログ村 サッカーブログ 水戸ホーリーホックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

ナイスシュート!ナイスクリア!ナイスランニング!ナイスヘッド!

〜あえてこのカテゴリーで〜

秋ですね。
秋といえば天皇杯とかあったんでしたっけ?


東大の野球部は70連敗とかいう記録もあるそうで。
弱くても、応援団は応援してるわけなんですが。
ボクタチにできることは何だ?と考えれば、プロとかアマとかいうのを越えた何かがあるわけで。



それでですね、

ほら、プロだから、負けた時はどーのこーのってあるじゃないですか。

でね、あまり負け続けると、あいさつ来られてもかける言葉がなかったりする日があるんですよね。
なんて言おうかなー・・・うーーーーーん 

叱咤激励




ありますよ、文句言いたくなる時だって。

ほんっとに。


あきらめないで最後まで戦えよとか

去年なんか、どうも不甲斐ない大卒1年目(つまりルーキー)の選手に向けて、

「大学選手権じゃねえんだよ!(プロのJリーグの試合なんだよ)」とか、
言っちゃったり思っちゃったりします。  




試合終了後のあいさつの時って、選手がスタンド近くまで来てくれて、何か伝えることができる唯一の機会。

なので、できるだけ激励しようとあれこれと、その瞬間に考えます。 







でね、たまたまどこかで地上波のTV見てたら王監督のインタビューをやってました。 

すごい選手だからといって監督としてもすぐには結果出なかったですよね。

ホークスの指揮をとって最初の3年間Bクラス。

でもその後、5回くらい?リーグ1位になって、日本一にも何度かなりました。



王監督はホークスの監督になってからメモ帳に記録をとってたんですよ。

当初のメモをTVが映したんですよ。

そこには、

選手への不満や指摘事項などが書き連ねられていたんですよ。
「どうして、言ったことをやってくれないのか?」 とか、
「もっと気概を見せろ」とか

「どうして、思うとおりに動いてくれないんだ。 」
とか、そんなニュアンスのことです。



選手がホームラン打っても誉めることはせず、 

「もっといい打ち方があった」
とか言っちゃってたんですよ。 



でも、選手や周囲からみたら、

「あの、」王さんなワケですよ。
萎縮してしまいます。 




でもね、ある時期以降のメモ帳には、誉める言葉しか書いてないんです。

A選手 ナイスバッティング
B選手 ナイスバッティング
C選手 ナイスランニング
D選手 ナイス右中間
E選手 ナイスキャッチ
F選手 ナイスバッティング
言葉ちょっと違うけど、こんな感じで。


で、心に響く言葉が王監督の口から出てきます。


「楽しく野球をやってた頃を思い出せ」 



「とことん野球にのめりこめ」 



しまいにゃ、

「自分を過大評価せよ」




これ聞いて、ボクも今までの考えと少し変わったんです。
今までは、「自信を持て!でも自惚れるな!」

が持論だったんですけど。


負けることに慣れている。
自信をなくしている。
ミスをおそれて動きが硬くなっている。

今、こんな水戸の選手には、そう言うのがいいのかな、と。。
なかなか言えないか。


大変な時こそ誉めるのは、そりゃーなかなかできるもんじゃないですよね。
しかも、自分を過大評価せよ、なんて・・・・・。  


自分がリーダーだったら言えますか?


水戸の選手たちに、ちょっと言ってみようかな・・・・。 

でも水戸ホーリーホックの指揮官は木山監督ですけどね。。





ケーズデンキスタジアム水戸 水戸ホーリーホックホームゲーム情報 チケット詳細はこちらから!










にほんブログ村 サッカーブログ 水戸ホーリーホックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

しっかり結果を残すということ

〜甲府戦をふりかえる〜

10月7日(水)
ヴァンフォーレ甲府 2−0 FC水戸ホーリーホック



☆結果だけみれば2失点
大ポカもしなかったし、すばらしいシュートを決めてくれたわけでもなかったです。
監督の選手交代も悪くないと思うし、


1失点目
開幕戦の愛媛戦での2失点目みたいな感じ

横から見てないから何とも言えないけど。

金信泳も角度のないところからよくヘディングしたし、その前のまらニョンの抜け出しもよかったですし。。

ゴールと判断されない可能性もあったと思うと、運もなかったような。
調子悪い時はこんなもんなんでしょうね。。

2失点目
後半32マー君(自称)のオウンは、甲府がカウンターでしっかり攻めた結果。




8菊岡丸はパスの精度がいつもよりよくなかったと思いましたが、大雨の中でしたしね。
出したパスが途中で失速したりして。

14テヨン選手はいいところもあったと思うけど以下略します。


☆結果を残した甲府
正直甲府が特別強いとは感じなかったです。
まらニョン以外はコワクなかったし。
強いとは思わないけど、結果みたら強いんですかね・・・みたいな。

中盤での甲府のプレスはその選手たちの気持ちの表れであったと思います。

そして、1点リードを失わず、カウンターでしっかりと追加点。
強いチームの試合の運び方。

やられるほうは、めっさ悔しいです。 



まあ、ネットを揺らさなかった1失点目と、オウンの2点目。
ついてないと言えばついてないけど、そこまでボールを運ばれたのも事実です。 



次節は10日以上先。
Kスタ開催にむけて調子上げていってほしいですね。
今年も消化試合なんてありませんよ。



ケーズデンキスタジアム水戸 水戸ホーリーホックホームゲーム情報 チケット詳細はこちらから!










にほんブログ村 サッカーブログ 水戸ホーリーホックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

得しませんでしたか

〜とくしませんをふりかえる〜 

〜とくしませんプレビュー〜

誰が決めてもいいと書きましたが、結局先制したのは徳島の挽地選手で3年ぶりゴール。
あなたには言ってない。

☆この日は行けなかったので、ビデオで観ることに 。
現地で観れなかったのです。
2ちゃんとかいうところの掲示板は見たんですよ。
文を読む限り、このやられっぷりって、過去の2試合と同じような展開なので、だいたい想像できるじゃないですか。

で、その後ビデオ観てみましたよ。
負けるとわかっていながら、まあ35%えむですし。 

しかし、そこには

☆明らかに前節とは違う意気込みと動き
前節より比べようもなくいい動きじゃないか?!
というのが、第一印象でした。
必死に、この苦境から脱出しようとしている選手たちの姿がそこにありましたよ。 

前節(やその前)でのわけわかんないDFラインでのパス回しやバックパスが激減し、ゴールをとりに行ってる姿勢がありました。

8菊岡丸3毛者くんも積極的なあがりを見せてたし。


☆運もなかった?
前半、23遠藤のミドルシュートがポスト叩きましたが、あれって、ハット決めた福岡戦だったら、入ってるシュートですよ。

60分の9荒田からのPA(ペナルティエリア)内折返しで、8菊岡丸がPA内フリーのシュートだって、いつもの水戸だったら、フツーに入ってるシュートですよ。

運もなかったのはわかります。 

肝心なところでのクロスミスとかで、いまいち流れをものにできなかったのも事実。
相手PAに人が入っていたのに。

☆自陣内でやるべきこと
1失点目。
後半入って中盤にさしかかるところで疲れを感じ、頭も少しぼーっとしてたんでしょう。
最近お決まりの失点タイムです。
でも自陣内でやってはならないクリアミスでしょうね。


竜化の滝に行ってもらうか審議中です。。


戦場に例えたくないですが、一瞬の気のゆるみって命取りだと思うんですよ。


☆だからDFやGKにバックパスしないで!
バックパスは1試合1回までって言ったじゃないですかーーー・・・・・。 
2失点目。
19モリムーが4和裕からの縦パスをトラップミスするわけですが、そこから徳島柿谷がに動きながら、右前へスルーパス。
受けたファビオがGKと1対1。 

まだ、ビデオを消去してない人は、19モリムーがトラップミスをする10秒くらい前から見てみてください。
流れがあります。
先制されて、焦りと緊張と硬さを感じていたのでしょうか。
水戸の選手全体の雰囲気として?
少なくとも19モリムーは・・・・・。

19モリムー!そこでバックパスするな!
左サイドあがって構えてた2小澤しゃんに前パスだー。
と、オヤジのヤジのようなことを思いました。
 
結局バックパスを受けた4和裕が縦パス。

1.19モリムーCB和裕へバックパス
2.受けた4和裕が左右でなく、まっすぐの縦パスを選択
3.真後ろからの縦パスを受けようとした19モリムーが、トラップミス  

この一連の動きは、先制されて萎縮したために、ちょっと消極的になった結果、当然の流れとして起きたことだと思うのですが・・・・・。
つまり、19モリムーがあそこで和裕さんにバックパスをするような流れになってしまっていたということではなかろうかと・・・・・。

先制されて気持ちと体が萎縮、動きが硬くなり、周りを見渡せなくなり、内側を向いて、前に出せないので、CBへバックパス。
内側を向いた瞬間に、左にいた小澤しゃんへのパスという選択はなくなりました。 


竜化の滝に打たれてみてもよいかと審議中です。


竜に化けて戻ってくるのだ!





これからシーズン終了までの結果で、今シーズンのFC水戸ホーリーホックの真価が問われると思うのです。 



チームの成績もフロントの集客動員数も。

あれからもずーっと勝ち続けてたとしても、多分動員は変わらなかったよなーとか考えたりします。 
でも、ちょっと前までの水戸の奮闘ぶりは確実に応援の広がりをみせていました。
ボクの周囲でも普段口にしない人たちが、ホーリーホックを口にするようになりました。

選手はもちろん、(株)FC水戸のフロントも、サポーターもこれからが大事です。



そういうわけで、こけら落としの11/8(日)はバックスタンド席を10枚買いましょう。 

大丈夫、行く人います。
いると思います。

おそらくたぶん。。

きっと。


こけら落としでホームジャックされんなっつうの。




ケーズデンキスタジアム水戸 水戸ホーリーホックホームゲーム情報 チケット詳細はこちらから!










にほんブログ村 サッカーブログ 水戸ホーリーホックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

さわやかタクシー


さて、このステッカー。 


水戸ホーリーホック応援ステッカー 茨城県内タクシー(約3,000台)に掲出のお知らせ


水戸市内で、タクシーの列をチェックすると、大体半分くらいのタクシーにこのステッカーが貼ってあります。

もちろん、自家用にも貼っていきましょう。
マイマミーの車にも貼りました。

しかしですね、市内でよく見かける「さわやかタクシー」にはステッカーチェックするたび1枚も貼っていないのですよ。 



そこで、機会があったので、さわやかタクシーに勤めていらっしゃる水戸のサポーター(酔う精さん)に聞いてみました。 
「さわやかタクシーさんにはKスタ告知のステッカーが貼ってないようですが、どーゆーことですかーーー?」って。



実はそのタクシー会社に、その話がきてないらしいとのこと。
協会に入ってないからかなーー。とのこと。 


その会社のタクシーは、水戸ひたちなかメインに走っているので、よーーく見かけます。 
頻繁に見かけます。

でも、Kスタ告知ステッカーが貼ってありません。





これはいけません。 





さっそく、そのさわやかタクシーにお勤めの水戸サポさんの承諾を得て水戸ホーリーホックの会社の人に連絡をしました。
そして、「その水戸サポさんにコンタクトをとって、あいさつをしながらステッカー持参でタクシー会社に訪問し、タクシーに貼ってもらうようお願いしては?」、とご提案しました。 





ふふ、これで、そろそろ、さわやかタクシーさんの車にもKスタ告知ステッカーがお目見えするはずです。



ちなみに、当社の名前とさわやかタクシーさんとは名前が同じっぽいですが、一切関係ありません。
よく間違われます。
名前はウチが先。
だからなんだ。





で、そこのタクシー社長様、ラッピング広告に興味をお持ちだそうで・・・・・。


ラッピングタクシーで、Kスタに横付けですか・・・・・


たまりませんね。
実現してほしいですね。。


ご参考
(株)ヤマハフットボールクラブという会社が運営しているチームの、ラッピングタクシー。





ケーズデンキスタジアム水戸 水戸ホーリーホックホームゲーム情報 チケット詳細はこちらから!










にほんブログ村 サッカーブログ 水戸ホーリーホックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

まだ続きます!以前の日付に移動«     | HOME |    








MITO till we die.



Twitterボタン
Twitterブログパーツ
ぜひフォローしてみてください!


カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


カテゴリー


最近のエントリー


最近のコメント


検索フォーム

ブログ内検索 「星野」とか「竜化の滝」とか

プロフィール

EIJI

Author:EIJI


-BLUE COMET-
水戸のユニフォームサプライヤー『mitre』(みとれ・イングランドの老舗ボールメーカー)のマーク『Comet』(彗星ね)から。BEAT CRAZYの略じゃないですからね。

FC水戸ホーリーホックに興味を持って、スタジアムに通うきっかけになるブログ。

テーマ別に見たい時は、カテゴリ(Categories)別に見るといいかも。

その中の用語解説も参考にしてください。
言葉がわかって地元サッカークラブを観ると、もっとおもしろくなります。
サッカーがおもしろくなる一助になれれば。

ホーリーホックは『葵(あおい)』という意味。

--Profile--
水戸生まれ育ち
18-32歳まで東京で過ごす
東京にいた頃、水戸にJのチームがあるのを知る。
水戸に越した翌々年、水戸にJのチームがあるのを思い出し、スタジアムに通うようになる。



--ランキング--
にほんブログ村 サッカーブログ 水戸ホーリーホックへ

にほんブログ村 サッカーブログへ


月別アーカイブ


リンク


FMぱるるんに出ます

FMぱるるん 76.2MHz
「THE BOSS」
に出ました。
ラジオをつけて選局するだけです!した
聴いてくださいな。れましたか?
ラジオがない方や水戸から離れている方は、同じ時間にネットでも聴けました。
サイマルラジオ

ボクが勤める会社のほうのブログでまだ聴けます

ぜひ、ヘッドホン(か大音量)でどうぞ
ヽ(゚ー^)





ジオターゲティング

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約